ひとメモ

主にプログラミングのメモ

Xiaomi Mi Band3を買ったのでレビュー

安価なスマートウォッチ Mi Band3を買いました

Amazonで3700円で買いましたが、今見たら3100円になっていた…。

写真はちょっと着ける位置が間違っていて、本当は手首の出っ張った骨より腕側に着けます。

良かったところ

通知を逃す心配がない

スマホとBluetoothで接続していて、通知が来ると振動します。
スマホをポケットに入れてても歩いてると振動がわからなかったりしますが、腕だととてもわかりやすいです。
何かの連絡を待つような時でも、スマホ本体はカバンにしまって安心していられます。

電池の持ち

睡眠時に心拍数を測る設定(睡眠ログの精度が良くなるらしい)にすると電池のもちが悪くなるということでしたが、約2週間もちました。
あんまり充電のこと気にしなくて良いのは素敵。
なおスマホの方がBluetoothをつけておく分電池の減りが少し速くなりました…。

Slackの通知が見れて嬉しい

仕事中非常に単純な作業ばかりしているので、脳のリソースが余っています。
そこにSlack(チャットツール)の通知が来ると、みんななんか話してるなーとちょっと楽しい気持ちになります。(画面が小さいので話してる内容はほぼわからない)

常に腕に時計が着いてると便利

腕時計は良い。

期待したほどでもなかったところ

まとまったデータの取得が面倒

そもそも睡眠のトラッキングをしたくて買ったのですが、そのデータをまとめて取得するのが面倒でした。
ログ取得のリクエストを送信→メールで用意できた旨の通知が来る→ダウンロードページにログインしてデータを取得という形。
毎日のデータはアプリ内で見られるので、自分でデータを弄りたい人以外には十分だと思います。

睡眠ログはまあまあ

私は早朝覚醒が多いのですが、目が覚めてもそんなに動いたりするわけではないのでその時間は中途覚醒として拾えていないことが多いです。
それ以外はスマホの睡眠トラッキングアプリよりは正確かなぁという気もしますが、正直よくわかりません。

座りすぎ通知の精度が低い?

1時間座りっぱなしでいると振動でお知らせしてくれる機能がありますが、役立つこともあればしばらく座っていた後立ち上がって動いてるのに「動きましょう」と知らせてくれることもあります。
「もう動いとるでw」と思うだけですが。

まとめ

この値段だし、時計も欲しかったので「買って良かったなー」という感じ。

hwhw.hatenablog.com